ブレザーが1着あるといろいろ助かる説|ブレザーとスーツの違い

旧ブログ復刻版

こんにちは!ゆうき@スタイルアドバイザーです。今回の記事は、

  • ブレザーとスーツの違いって何?
  • ブレザーを買うか悩んでいる
  • ブレザーの良さってどんなところ?

といった疑問にお答えする内容となっています。

いろんなスタイルに使えるお洋服だからです。使える場面・着こなしの幅がグーンと広がりますよ。

 

今回の記事では、まず初めにブレザーとスーツの違いを解説。

そしてブレザーがどんな良さを持っているのかを解説しますね。

特に「スーツは大丈夫だけど私服がダサイ」「何を着ていこうか迷う時間を減らしたい」とお嘆きの人は、ブレザーを検討されることをオススメしたいです^^

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

ブレザーとスーツの違い

軍の制服に採用された歴史もあり、オフィシャルな場面にも着用できる万能ジャケットと言われています。

ネイビー無地の生地で仕立て、金のメタルボタンを付けたものが本格的。色はネイビーの他に真紅やベージュ、色鮮やかなストライプ柄などもあります。

 

ジャケットとトラウザーズは一対いっつい。上下合わせて一揃ひとそろいの衣服となります。

suitが似合うという意味 → 全身に似合わせた衣服、全身を覆う衣服を表します(※サーファーが着るウエットスーツも全身を覆いますね)

 

ちなみにblazer(ブレザー)は、blazing jacket(燃えさかる炎のような真っ赤なジャケット)という呼称が由来です。

 

ブレザーをイチオシする理由

ブレザーを1着持っておくといいのは、いろんなスタイルに使えるお洋服だからです。

ブレザーはジャケット単品。なのでスーツと違って、いろんなボトムスを合わせられる。つまり着こなしの幅が広いという事です。

それではブレザーの良さをカンタンにシェアしますね。

 

①いろんな場面に着ていける

ブレザーはシャツ・ネクタイ・グレースラックスを合わせれば、ビジネスシーンにも着ていける正統なスタイルとなります。

例えばタートルネックニットとデニムパンツを合わせれば、秋のデートに着ていけます。ポロシャツと白コットンパンツを合わせれば、ゴルフ場に出入りできます。

リモートワークだったらビデオ通話時にブレザーを羽織ればOK。カジュアルなボトムスでもブレザーだったら合います。いちいちボトムスを穿き替える手間がかかりませんよ。

 

②1着のコスパが非常に良い

具体的にどんなボトムスが合うのかと言うと、

  • グレースラックス → ビジネスシーン
  • ベージュチノ → オフィスカジュアル
  • 白コットンパンツ → クールビズ
  • バミューダショーツ → リゾート旅行
  • デニムパンツ、チェックパンツ、カーゴパンツ、カラーパンツ → 私服

出張で取引先と商談する時はグレースラックスで臨み、ホテルにチェックインしたらデニムに穿き替える。といった着回しがブレザー1着で可能です。

 

③服に悩む時間を削減できる

着こなしの幅が広いブレザーを持っていれば、

なにかと時間が惜しい現代人にとって、悩んでいる時間は不毛でしょう(汗)

だったら「悩む時間を減らす = 生産的な時間を増やす」ための投資という観点で、ブレザーを1着仕立ててみてはどうでしょう?

 

あ。どんな時に迷うのか?一例を挙げてみますね。

  • 高級ディナー:彼女との記念日に高級レストランに行く時。ラフなカジュアルだと恥ずかしい思いをするかも?(彼女に申し訳ない)
  • 新婚旅行:旅先のホテルやクルーズディナーなどでドレスコードがあるかも?スーツでも大丈夫ですが、新婚旅行に持って行くにはお荷物かも?
  • 普段スーツを着ない人と会う:介護、飲食店、福祉等でお仕事されている人に会う時。スーツだと固すぎるかも?
  • 30代以上の人の婚活:会場や婚活パーティーの内容によっては、固すぎないスタイルのほうがウケがいいかも?せやかて年相応の服装じゃないと相手にされない恐れも・・・何を着ていこうか?
ゆうき
ゆうき

ブレザーは大人のライフイベントを強力にサポートしてくれますよ^^

 

ブレザーが1着あるといろいろ助かる

ブレザーは着こなしの幅が広い万能ジャケット。

いろんな場面や目的に応じて、柔軟にスタイルを変えられるところが魅力です。
 
「スーツは大丈夫だけど私服がダサイ」「何を着ていこうか迷う時間を減らしたい」とお嘆きの人は、ブレザーを1着仕立ててみてはどうでしょうか。

迷ったらネイビー無地に金ボタンが付いたブレザーがオススメです。

 

P.S.スーツは大丈夫だけど私服がダサイとお悩みの人に、ブレザーの他にオススメなのはセットアップです。

こちらはインナーと靴だけ考えればスタイルが完成する手軽さが魅力です。

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: