トラウザーズ(スラックス)のウエストがきつい時の対処法

旧ブログ復刻版

こんにちは!ゆうき@スタイルアドバイザーです。今回の記事は、

  • ウエストの締め付けが苦しい
  • ウエストを広げる際の注意点は?
  • ウエストがきついと見映えはどうなる?

といったお悩み・疑問にお答えする内容となっています。

 

トラウザーズのウエストがきつくなってきたら、ウエストを広げるのが一般的な対処法です。

なぜならトラウザーズで重要なのは、ヒップに合わせる事だからです。

 

ウエストを広げたのに見映えが改善されなかった・・・

という事態を避けるため、ウエストを広げる際の注意点をおさえておきましょう^^

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

ウエストがきつい時の対処法

スーツのトラウザーズにはしろが残されていて、ウエストを広げることができます。

お洋服のお直し屋さんに持っていけば、1週間くらいで直してもらえますよ。

 

ウエストがきつくなると窮屈さを感じるだけでなく、腰周りにいろんな不具合が出てきます。

例えば、

  • フロントにノの字状の線が浮かぶ
  • ヨコ向きの線がたくさん出てくる
  • ポケットがカパッと開く
  • クリースが伸びてしまう
  • 生地がテカりやすくなる
  • 生地が破れやすくなる

 

ヒップの丸みが目立ったり、生地が食い込んだりして、恥ずかしい後ろ姿をさらす事になっちゃうかも?

 

サッカーやラグビーなどで下半身を酷使していた人は、ウエストに対してヒップや太ももが大きくなりやすい。

ポケットが開いてしまうと途端に窮屈そうに見えてしまうので、見落とさないようにしましょう。

ゆうき
ゆうき

O脚の人は、脚全体の外側が膨らむ傾向があります。

骨の出っ張り、発達した太ももの影響でポケットが開いていないか?日頃から確認するといいですよ。

 

適正なフィッティングの場合

むちっとした肉感がないですし、プリーツがキレイに立っていて品のある印象ですね。

 

横から見た状態。ポケットが開かず、脚に沿っています。

後ろのポケットにも手を入れやすいハズです。

 

ウエストを広げる際の注意点

縫い代が残っているか?を確認しましょう。

写真だと6cm残っていますが、強度を残す必要もある為、5cmが限界といったところです。

 

①見た目の変化を知っておく

トラウザーズの後ろ中心が左右に広がるので・・・

 

ベルトループの位置が動きます。

 

ライトグレーやベージュのような明るい色、コットン生地のトラウザーズはミシン跡が目立ちやすいです。

暗い色、フランネルなどの肉厚な生地のトラウザーズはミシン跡が目立ちにくいです。

 

②腰周りがキレイになるか

写真だとウエストを3cm広げると、フロントの見映えは改善できそうです。

 

しかしポケットは開いたまま(汗)

これはヒップの寸法が足りていないという事です。

せやったらヒップも広げればいいんじゃないの?と思うところですが、実はヒップの縫い代ってほとんど残されていないんです。

 

仮に広げられたとしてもせいぜい1~1.5cmが限界。

ヒップが足りない場合はトラウザーズのサイズアップが賢明です。例えば今が44サイズなら46サイズに。買い替えるか?オーダーするか?考えましょう。

 

ヒップが窮屈なままだと、

  • 生地がヒップに食い込む
  • ポケットが破れやすい
  • 脚の付け根が擦れて生地が破れる

といったトラブルのリスクを回避できません。

コストはかかりますが、サイズアップするほうが見映えも穿き心地もいいですよ。

 

お直しで見映えが変わる事を忘れずに

トラウザーズのウエストがきつくなってきたら、ウエストを広げるのが一般的な対処法です。

お直しを検討する際は、腰周りがキレイになるか?ぜひチェックしてみてください。

ウエストが適正だと極端な型崩れがなく、クリースがまっすぐ落ちてくれますよ。

 

P.S.トラウザーズをサイズアップされるのなら、股上の深さも見ることをオススメします。

股上が深いトラウザーズは胴長短足をカバーして、脚長に見せてくれる良さを持っていますよ。

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: