ブレザーボタンのメッキ剥がれ・色落ちを直す方法

旧ブログ復刻版

こんにちは!ゆうき@スタイルアドバイザーです。

ブレザーボタン表面のメッキが剥がれたり、色落ちしてショック・・・

「元のキレイな輝きを取り戻したい!どうすればいいの?」と思った事はありませんか?

 

そこで今回はブレザーボタンのメッキ剥がれ・色落ちを直す方法を紹介します。

紹介している方法を使うと、ブレザーボタンのキレイな輝きを取り戻せますよ^^

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

ブレザーボタンとメッキ加工

ブレザー用のメタルボタンは真鍮しんちゅうという金属を使っている事が多いです。

 

これは銅と亜鉛の合金で、

  • 金に似た見た目と輝きを持っている
  • 金と比べて安価
  • 金よりも強度が高い

という特長を持っています。

 

その為、表面に金メッキやロジウムメッキ(銀色)をかけるワケです。

メッキは「素材の表面に金属の薄い膜をかぶせる技術」

これを施す事で表面の酸化や変色・キズを防ぎ、美しい見た目をキープできます。

 

但し、膜の定着は永久ではありません。

使用に伴う皮脂や汗の付着、空気中の成分に反応して徐々に剥がれてしまいます。

 

メッキ剥がれ・色落ちを直す方法

今回ご提案する方法は「メッキ加工業者さんに依頼する」です。

 

シーフォース株式会社さんが運営されている加工ネットに依頼できます。

ジュエリー専門でメッキ加工をしているお店は多いのですが、ブレザーボタンのようなパーツを受け付けてくれるお店は全然ありません(汗)

加工ネットならボタン1個からでも依頼を受け付けてもらえますよ。

 

メッキ加工の体験談

今回僕が加工を依頼したダンヒルのブレザーボタンです。

メッキのツヤ感がなく、ロゴ部分は擦れて色落ちしています。

 

元々は美しいツヤ感があるゴールド。ネイビーブレザーに付けると補色の関係で色映えしますよ。

実はお客様の依頼で、色違いのシルバーを探して早8か月・・・

 

こちらがシルバーに再メッキしたボタンです。磨き品質C(つや出し程度)を選びました。

加工前は使い古された感じがすごかったですけど、新品のような輝きです。 

 

工賃と送料込みで2,024円でした(※2020年10月当時)

自分でメッキ加工できるキットも市販されていますが、12,000円くらいします。

ゆうき
ゆうき

DIYがお好きな人はともかく、プロにやっていただくほうが安心だと思いますよ^^

 

加工ネットへの依頼方法

まずは加工ネットのメッキ加工依頼フォームを開きましょう。

 

磨き仕上げのブラスト加工、いぶし加工は次のような加工です(※どちらも鏡面磨き後に行う)

  • ブラスト加工:細かいガラス粉を吹き付けて表面をザラザラに仕上げる。マットな雰囲気、無骨な雰囲気が出る
  • いぶし加工:薬品で硫化させ化学反応によって表面を黒く変色させる。写真のリングの黒い部分はいぶし加工によるもの。ヴィンテージ感が出ます。彫りが深いボタンじゃないと味がないかも?

 

メッキ色一覧をチェックされることを推奨します。

元の色に再メッキする事が多いと思いますが、イメチェンに使うのもおもしろいですね。 

 

依頼フォームを見るとわかりますが、いろんな加工をやってもらえるサービスです。

ブレザーボタン以外にもカフリンクスやネクタイピンなどを加工するのもいいでしょう。

ゆうき
ゆうき

金属アクセサリーをカスタマイズできる魔法のようなサービスです^^

  

メッキ加工でボタンの輝きを取り戻そう

ご紹介した加工ネットならメッキが剥がれたブレザーボタンをキレイにできます。

愛着があって長く使いたいボタンがあるのなら、一度メッキ加工してみてはいかがでしょうか?

今回の記事がブレザーを楽しむ一助になると嬉しいです。

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: