映画アニー・ホールでチノパンを学ぶ。ワイドチノはアルビーが如く

旧ブログ復刻版

こんにちは!ゆうき@スタイルアドバイザーです。今回の記事は、

  • 映画アニー・ホールのチノパンが気になる
  • ワイドパンツを穿いてみたい
  • ワイドチノはどう合わせればいい?

といったご要望・疑問にお答えする内容となっています。

 

今回は「映画アニー・ホールでチノパンを学ぶ」と題して、

小柄な体格を貧相に見せない、ゆったりとしたシルエットのチノパン。

無骨で男らしいスタイルを作りたい人にオススメですので、ワイドチノの良さを知っていただけると嬉しいです^^

 

※映画のネタバレを多少含みます。一部、どのシーンの解説なのか?わかるようDVDの再生時間を添えていますので参考になさってください。

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

映画アニー・ホールでチノパンを学ぶ

アニー・ホール(原題:Annie Hall)は1977年にアメリカで制作された映画です。

ブルックリン生まれのコメディアン アルビー・シンガーと、歌手を目指すアニー・ホール(演者:ダイアン・キートンさん)との複雑な恋愛模様を描いた作品です。

出会いの場面は陽気な印象でしたが、ところどころ人のダークな一面も垣間見える、なかなか濃厚なストーリーでした。

 

衣装を提供したラルフローレンの人気に火がついた歴史があります。ワイドチノはラルフローレン製。

アニーのメンズアイテムを取り入れたマニッシュなスタイル(※女性が男性的な装いをするスタイル)は、「アニー・ホール・ルック」と呼ばれ、数多くの女性たちがこのスタイルを取り入れたそうです。

 

主人公アルビーのワイドチノ

アルビーのスタイルは全体的にゆったりとしたサイズ感。

そのスタイル作りに一役買っているのが、ワイドシルエットのチノパンでしょう。

 

①ラフな雰囲気が印象的

アルビーはチノパンをラフに穿いているのが印象的でした。

具体的に言うと、センタークリースを入れずにシワくちゃでも気にせず穿く。

どことなく抜けている感じがするのですが、冴えない風貌のコメディアンのキャラに合っていると感じました。

 

5:58頃 → 親友ロブと歩きながら会話するシーンで、チノパンの全体像を見られます。

このシーンは映画アニー・ホールの大きな特長である「長回しシーン」の1つ。

5:58~始まって、近くでチノパンが見れるようになるのは6:38~くらいから。この長回しが臨場感を高め、映画の世界にグッとのめり込ませてくれます。

 

このシーンのアルビーは無骨なアメカジ。カーキのM51フィールドジャケットに、ブラックウォッチのようなチェックシャツ。

ネクタイを締めている場面を除くと、アルビーはほぼクルーネックTシャツを着ているんですね(※先ほどの動画で確認してみましょう)

 

ヨーロッパだとTシャツを見せる着こなしはあまり見ないので、イタリアやフレンチルックが好きな人には新鮮ではないでしょうか?

ゆうき
ゆうき

ワイドチノを穿く時は、Tシャツ見せもセットにするといいかも。

 

②1970年代スタイル

1970年代のチノパンは、フロントにプリーツが入ったものが主流でした。

アルビーのチノパンにもフォワードプリーツ(インプリーツ)という、内向きのプリーツが2本入っています。

 

52:28頃 → このシーンは珍しくブラウンの2プリーツチノを穿いています。

遠目でアルビーの全身が映りますが、見事な脚長シルエットがとても印象的でした。

股上が深い=ウエスト位置が高いので、胴長短足のカバーに効果的ですね。

 

18:34頃 → アルビーのチノパンの象徴的なデザインとも言える「ウォッチポケット」が確認できます。これは懐中時計を入れる為のポケット。写真のように右腰に切られます。

1:27:19~のシーンで間近で見れるので、その効果をチェックしてみてくださいね。

 

ピスポケットは左がフラップ付きボタン留め、右がフラップ無しのボタン留めです。

以下のシーンを参考になさってください。

  • 18:34頃
  • 38:00頃
  • 1:27:19頃

 

③いい意味の雑、自然体が似合う

アルビーはチノパンを穿いたままベッドの上でくつろぐ事もしばしば。

 

まぁそんなんだからパッとしないコメディアンに見られるのですが(笑) それでもアルビーは女性にモテるという夢のような設定。

美女が相手でも物怖じしないところや、自分の意見をしっかり言うところ、時折見せる男らしさが魅力的に映るのでしょう。少なくとも自分に自信がないような素振りは見せません。

ある程度の人生経験がないと読み取れないかもですが、コミュニケーションの機微も見どころの映画だと思いますよ^^

 

アルビーのスタイルから学べる事

ワイドチノは無骨で男らしいスタイルに最適。

2フォワードプリーツやウォッチポケットなどの70年代を感じさせるディティールは、アイビースタイルに取り入れるのも良いでしょう。

 

ネイビーブレザーやボタンダウンシャツを合わせて、アイビー定番の着こなしに。

ジャケパンでワイドパンツを穿くスタイルってあまり見ませんが、スポーティーな性格を持つブレザーなら合います。

英国のオックスフォードバッグスもそうですが、スクールスタイルにはワイドパンツを合わせる着こなしが意外と多かったりします。せやかてちょっとマニアックか?笑

 

無骨で男らしいお洋服と言えば、バブアーのオイルドジャケットが外せません。

こちらは狩猟や釣りといったカントリースポーツで着用するアウター。ワークテイストのワイドチノを合わせても遜色はないでしょう。

キャンプやバーベキューなど、アウトドアを楽しむ時に良さそうですね。

 

ワイドチノはアルビーが如く

アルビー愛用のワイドチノは、小柄な体格を貧相に見せないゆったりとしたシルエット。

股上を深く取ることでバツグンの脚長効果も発揮してくれます。

春夏はカジュアルシャツ+クルーネックTシャツに。秋冬はM51やスポーティーなアウターを羽織って、無骨で男らしいスタイルを楽しみましょう。

 

P.S.映画で男の魅力を学ぶというテーマで、トロイの英雄の魅力をレポートしています。

女性にモテる男になりたい。人の上に立つリーダーになりたい。というお気持ちがある人は良いヒントが得られますよ。

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: