ボウタイの結び方ガイド|手結びできる男になろうぜ

旧ブログ復刻版

こんにちは!ゆうき@スタイルアドバイザーです。今回の記事は、

  • ボウタイの結び方を知りたい
  • 要するに蝶々結びでOK?
  • 両翼をキレイに見せるコツは?

といったご要望・疑問にお答えする内容となっています。

 

ボウタイの手結びは慣れればカンタンです。

今回のガイドを参考に、自分で結べるように練習してみましょう^^

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

ボウタイの結び方

①シャツの襟にボウタイを掛けます。

右肩側の剣先を長く垂らすようにしましょう。

 

②右肩側の剣先を1回巻き付け、首周りが緩くならないようにキュッと締めます。

ネクタイと違って、ボウタイは後で首周りを締める事ができません。

 

③左肩側の剣先を「蝶の形」に整えて、右肩側の剣先を中央に下ろします。

 

④これが蝶の中央の結び目となります。

 

⑤前側の剣先の両翼をおさえると、後ろ側の剣先を輪っかに通しやすいです。

靴紐の蝶々結びみたいなイメージですね。

 

⑥後ろ側の剣先を輪っかに通したら、両方の剣先を引っ張ります。

蝶の中央の結び目をしっかり締めましょう。

 

⑦中央の結びをおさえながら、剣先の形とディンプルを整えましょう。

 

これで完成!剣先は左右非対称でOKです。

 

エレガントに見せるポイント

「え?左右対称のほうがキレイに見えるでしょ?」と思う人もいるかもですが・・・

元々ボウタイは1枚の布で作られており、スカーフのような軽やかさが美しいとされています。

 

左右キッチリ整っているのは、プリタイド(※初めから形が作られている簡易式)のように見える。

つまり「自分で結んだの?」という疑念を与えかねないんですね^^;

 

ちょっと不揃いだな、ってくらいのナチュラルさが美しい。

そのように覚えておきましょう。

 

ボウタイを手結びできる男になろうぜ

今回のガイドを参考にボウタイの手結びを練習してみましょう。

手順⑤ができるようになれば、あとはスムーズにできるようになりますよ。

空気を含ませたような、軽やかな見映えに仕上げる事を意識してみましょう。

 

P.S.BDシャツ+テニスセーターにボウタイを結ぶんで、アイビーリーガーが如く。

上品なスポーツスタイルで休日を過ごすのも、いとをかし。

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: