ウエストが緩くて困る時の対策|サイドアジャスター後付け

旧ブログ復刻版

こんにちは!ゆうき@スタイルアドバイザーです。

僕はウエストとヒップの差寸が大きくて、トラウザーズのウエストが余るのが悩み。

その為、スーツはいつも仕立てているのですが・・・

採寸当初よりウエストが細くなって、結果的に緩く感じることがよくあります。

 

そんな時にどう対策していたのか?と言うと、ブレイシーズで吊っていたんですね。

しかし、ある時気が付いたんです。

ジャケットの背中にブレイシーズが浮かび上がっている、と。

 

背中に当たるレザー部分が浮かび上がって、不自然に盛り上がっていたんです(汗)

それ以来ブレイシーズで吊るのはやめて、代わりにサイドアジャスターで調整しています。

 

サイドアジャスターはオーダーで仕立てる際に付けてもらうか、

心斎橋リフォームさんが後付けをやってくれるので、ウエストが緩くて困っている人は利用してみるといいでしょう^^

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

ウエストのアジャスター

スーツのトラウザーズに取り付けるアジャスターにはいくつかのタイプがあって、次の3つが一般的です。

  1. ボタン式
  2. スライダー式
  3. ストラップ式

 

ミリ単位で調整できるため、微妙な体型変動、食事の影響に合わせて調整できます。

フィッター目線で付け加えると・・・左右の筋肉の発達具合、腰骨の張り具合に合わせて、左右の調整幅を変えられるところは優位点でしょう。

 

1.ボタン式は縫い付けられたボタンでしかサイズ調整できないところがデメリット。

ミリ単位の調整不可。ウエストバンドが歪みやすいので見た目も美しくありません。

 

2.スライダー式は見た目が安っぽいですけど、ウエストを広げられるところが優位点。

±の調整幅が数cmあるため、いつ着るかわからない喪服に適しているでしょう。

 

サイドアジャスターの後付け

本来は仕立てる段階で付けますが、お直しで後から付ける事もできるんですね。

その際、ストラップ式が採用されることが多い。心斎橋リフォームさんでお願いできますよ。

ゆうき
ゆうき

実際に後付けしたビフォーアフターを紹介しますね。

 

後付けのビフォーアフター

略礼服として仕立てた黒無地のスーツトラウザーズです。

採寸当初と比べて、僕のウエストが4cmも細くなってしまい、ゆるゆるで困っていました。

 

見ての通りベルトレス(※ベルトループがない仕様)なので、

  • ウエストを詰めるか
  • ブレイシーズで吊るか
  • アジャスターを後付けするか
  • 自分のウエストを大きくするか

何かしらしないとフィット感が改善されない状況でした^^;

 

そこでサイドアジャスターを後付けすることに。

ストラップは後ろ側に引く為、お腹側のフィット感を高めやすいところが優位点。

コレなら左右のアジャスターを2cmずつ絞ればフィットしますし、筋トレなどでウエストが膨らんでも穿けるだろうと。

 

個人的な体感ですが、ブレイシーズで吊るより脚のラインが真っ直ぐ落ちやすくなりました。

ウエストが緩いとトラウザーズ全体が下がってしまう(汗)

特にO脚の人は脚のラインが外側に流れやすくなるので、ウエストをしっかりフィットさせて脚のラインをキレイに落とす必要があります。

裾のもたつきも解消されやすいため、サイドアジャスターは単なるウエスト調整以上の効果が期待できますよ。

 

後付けの工賃は5,500円(※2023年6月12日時点)

ベルトループを外してから後付けする場合は8,800円です。

心斎橋リフォームのアプリに登録すると5%OFFになるので、店頭での登録を推奨します。

納期は3~4週間かかります。気長に待ちましょう。

 

ちなみにストラップの形状は3つの中から選べます。

バックルもシルバー、ブラックニッケル、ツヤなしゴールドを指定可能ですよ。

※参考:サイドアジャスター作り付け – 洋服お直し心斎橋リフォームONLINE SHOP

 

アジャスターの後付けは高いが、役に立つ。

スーツの立ち姿をキレイに見せるなら、トラウザーズのフィット感が大切です。

お腹のくびれ or 腰骨のどちらにフィットさせる場合であっても、ヒップとウエストがゆるゆるだと狙ったシルエットは出せません。

脚のラインを真っすぐ落とす為に、ウエストのフィット感にこだわるようにしましょう。

 

体型変動しやすい人、トラウザーズが前下がりしやすい人は、サイドアジャスターがオススメ。

リフォームで後付けできるので、ベルトやブレイシーズを面倒に感じる人も付けてみては?

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: