お尻(肛門)から血が出るようになったので大腸検査を受けた話

エッセイ旧ブログ復刻版

こんにちは!ゆうき@スタイルアドバイザーです。

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。

 

先日、大腸の内視鏡検査を受けたので体験談をレポートします。

検査前日からの腸内洗浄などの準備が大変ですので、こういった検査を受けずに済むような生活を心掛けたいですね。

 

同じ症状で悩んでいる人は受診の参考に。

健康体でピンピンしている人は今後同じ症状に悩む人が現れた際、その人がどんな不安を感じるのか?

読み取ってもらえたら幸いですm(_ _)m

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

下血:お尻(肛門)から血が出る

肛門から出血することを下血げけつと言います。

トイレしている時などにお尻(肛門)から血が出て、便器内が鮮血でいっぱいになる場合、胃腸に何かしらの症状が発生していると思われます。

あまりにも出血が多いとナプキンなどの用意が必要ですし、下血が怖くなって食欲が減退するかもしれません(※僕は食事量が6割に減退)

 

下血を放置しているとお洋服に血のシミがついたり、出血のショックで眩暈めまいや貧血を起こすなどのリスクもあります。

なる早で消化器内科や肛門科の受診をオススメいたします。

 

お尻(肛門)の受診は恥ずかしい?

「下血をなんとかしたいけど、病院に行って肛門を診られるのは恥ずかしい」と思う人もおられるでしょう。

肛門の触診はものの1~2分で終わりますし、医療行為なので心配いりませんよ。

 

ちなみに病院に行くまでの僕は「恥ずかしいなぁ^^;」って思ってました。

なので下血が始まってから、2週間近く1人で悩みを抱えて過ごしていたんですね(汗)

 

「そのうち治まるだろう」と深く考えないようにしていたのですが・・・

とある日、外出から帰って着替えている時、お洋服に血のシミがついているのを見つけてしまったんですよ。

ゆうき
ゆうき

コレに気付いた時、さすがにダメだと思いました(;´Д`)

 

それで家族に下血してることを打ち明け、かかりつけの内科を受診。

実害が出てようやく行動しましたが、素直に受診を決めて良かったと思います。

 

地域の医療センターへ行く事に

かかりつけの先生から「内視鏡検査を受けたほうがいい」と言われました。

それで大きな医療センター(※)で診察を受けることに。

 

※紹介状なしで診察を受けに行くと、通常の診療費とべつで「選定療養費7,700円が必要」との事。

遠回りに感じますが、初診はかかりつけ医に行ったほうがいいでしょう。

 

消化器内科の先生には下血の内容を聞かれたり、下血でどういった病気が懸念されるか?の説明を受けました。

ザックリ言うと、

  • 炎症性の腸疾患(潰瘍かいよう、クローン病)
  • ポリープ
  • がん
  • 内痔・外痔

 

かかりつけの先生は

「炎症性腸疾患がないか?念の為に調べたほうがいい」という意図で、内視鏡検査を勧めてくださったようです。

 

診察をひと通り終えた後は採血。

その後、看護師さんから内視鏡検査と腸内洗浄の説明を受けました。

①検査前日は食事制限(検査食)と寝る前に下剤。

②検査当日は腸内洗浄の下剤を服用するように、と。

 

食事制限と腸内洗浄の流れ

空腹に耐えるのがツラかった・・・

お水を飲んでも満たされないし、頭が回らなくて集中できない。昼寝しようにもお腹グーグー鳴って寝れませんでした。

 

症状の特定のために内視鏡検査は必要ですが、そのための準備は大変です。

ここからは食事制限と腸内洗浄の流れを写真付きでどうぞ。

 

①検査前日

朝は白ご飯だけ or パンだけ食べて良いとの事。

腸内をキレイにするため、水分はできるだけ摂りましょう。僕はお水を5リットル飲みました。

 

昼と夜は病院で買った検査食です。1,458円でした(※そこそこ良いランチ代やがな、汗)

 

お昼はウィダーインゼリーみたいなゼリー2本とビスコ。

なぜここでビスコなのか?は未だによくわかりませんが・・・

 

3分で完食。

ゆうき
ゆうき

ビスコは久々だったので美味しかったです^^

 

しかしお昼を食べる前から空腹でお腹グーグー状態。明らかに足りない食事量に、カラダは「もっとくれ!」と訴えてきました。

ひたすらお水やアクエリアスを流し込むも空腹。圧倒的空腹!(カイジ)

イライラして人に当たったりしないよう部屋にこもってました。

なぜか爪切りを始めたら気持ちが落ち着いたので(笑) 自分のメンテナンスに充てるといいかもです。

 

夜は白がゆと煮込みハンバーグ。とても少ない。

 

ハンバーグは弁当に入れるくらいのミニサイズ。

マクドの冷めてふやけたポテトみたいな残念な味でしたが、空腹のおかげでビスコの次に美味しかったです。

 

21時前、早々に寝ようと思い、下剤を服用しました。

コップ1杯のお水(※正露丸を飲むときくらい)に全量入れて飲み干して就寝。下痢のような激しい腹痛とかはなかったです。

 

②検査当日

まずい下剤との戦いです。

腸内の便を溶かして排出するため、朝7時から下剤の服用開始です。

 

僕が受け取った下剤はニフレックという腸管洗浄剤。

ポカリスエットにレモンフレーバーを足そうとして失敗したかのような、飲めば飲むほど気持ち悪くて吐きそうになる下剤でした。

ゆうき
ゆうき

もう飲みたくない・・・

 

内視鏡の先生曰く、これがキツくて検査がイヤ!という人が多いそう。

 

ニフレックの容器にお水を2リットル入れて準備完了。

1時間1リットルのペースで、2時間じっくり飲み続けます。

 

ニフレックを飲み始めて1時間経つと、すこしずつ排便が増えてきます。

最初は下痢のような軟便 → 途中からほぼ水のような便 → 水がうすい黄色 or 透明になればOKです。

ここでも激しい腹痛はなかったので、痛みに耐える事はあまりないかなと思います。

 

検査結果と想像上の不安について

炎症とかポリープは一切なく、下血の原因は内痔核でした。

肛門の出口にちょこっと痔ができていて、便が通る時に切れて出血したとの事。

ほとんど治っているようなので一安心でした。

念の為、下血がひどくなった時に備えて軟膏を処方していただきました。

 

ちなみに内視鏡検査の診療費は5,000円ちょっとでした。

頂いた書面によると5,000~20,000円くらい。ポリープが見つかって切除した場合は、20,000~36,000円くらいだそうです。

極端に高額ではないと思うので、下血が改善されない人は受診をオススメします。

 

 

・・・ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

さいごに今回感じた事をシェアしたいのですが、もし下血が続いたり、最悪がんが見つかったら?って考えてしまったんですよね。

 

そしたら

「今当たり前にできている事がゼンブできなくなるかも?」

って怖くなったんですよ^^;

 

例えば、彼女と一緒に過ごす時間が減るかも。

食べたいご飯とか、やりたいスポーツなどに制限がかかる人生になるかも。

いつ下血するかわからない不安で、外出するのが怖くなるかも。

 

どれも想像上の不安なので、言うたら妄想なんですけど(汗)

検査して問題なし!と確証を得るまでは。

 

現状、重たい病気が見つからなくて良かったと思います。

だけどもし下血が悪化したり、他の要因で今の当たり前ができなくなったら?

やりたいチャレンジができないまま、消化不良の中途半端な状態で、残りの人生を歩むことになるのかな?と痛感したんですね。

 

失敗、嫌われる、実力不足を思い知るとか、これらは確かにイヤなことだけど。

それでもやりたい事をやれないまま、不自由になっていく末路のほうがイヤだ!という気持ちが湧いてきました。

 

今回お伝えしたいメッセージは健康が大事だよ、

検査を受けないような生活を心掛けようみたいな、ベタなメッセージじゃなくて。

 

今の当たり前は恵まれた状況なのかもしれません。

もちろん不満とか悩みもあるでしょうが、それでも自由に過ごせるのなら恵まれていると思います。

当たり前の価値に気付いて、1日1日を大切に生きること。

ゆうき
ゆうき

そうすれば人生の質はゆるやかに向上していくと思いますよ^^

 

下血が続く人は受診しましょう

下血を放置していると日常に影響したり、想像上の不安でメンタルを病んでしまう恐れがあります。

原因がわからないまま放置して、1人で悩むのカラダに毒だと思います。

僕は2週間近く悩んじゃいましたけど、本当に孤独で怖かったです。

 

肛門を診られるのが恥ずかしいのは誰だってそう。

だけどお医者さんもその事は理解していますし、医療行為なので心配いりませんよ。

安心した日常を取り戻すため、なる早で消化器内科や肛門科の受診をオススメいたします。

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: