生きづらいからの脱却|自分を抑圧するクセは直したほうがいいって話

エッセイ

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます^^

 

昨日、チャレンジして成功している人の要素の1つは性格だと書きました。

どうして性格なのかと言うと人に応援されるために必要だから。人を集める魅力だと思うからです。

応援される、人が集まってくる。

つまり人気を得るために性格が大事だと考えているワケです。

 

言い換えると「人としての魅力」ですが、僕は誰しもが人としての魅力を持っていると思うんですね。

ホコリをかぶった革靴より、キレイに磨いた革靴のほうがステキに見えるように、

自分に自信を持って、オープンにできている人は輝いて見えます。

 

もしアノ人は輝いてていいなぁと羨ましく思う事があるのなら、自分もそうなろうぜと。

そのために抑圧するクセは直したほうがいいよってお話。

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

抑圧がクセになると”いい人”化する

恋愛でよく耳にする”いい人”

字面だけ見ると褒められている印象ですが、実際はネガティブな印象であることが多いです。

 

「いい人なんだけど、付き合うのはちょっと・・・」

「いい人だと思うけど、成功するポテンシャルを感じない」

という風に、否定的な表現の前に使うクッション言葉の意味合いを持っています。

ゆうき
ゆうき

お忙しいところ恐縮ですが・・・のような、言いにくい事を言う前のジャブですね^^;

 

いい人は他人に迷惑をかけない気配りができる良さがあります。

他人に親切できるし、相手を傷付けない言葉遣いもできます。

潔く身を引いて譲歩する器も備わっています。これは人として素晴らしいと思うんですね。

 

確かにそういった良さもあるんだけれど。

キレイに書くと自己犠牲のような精神ですが・・・

 

本当のところは自己否定してないか?と。

 

抑圧すると自己肯定感が下がる

自分の本心を押し殺して、面倒を避ける行動をしていませんか?

お酒を飲んで酔った時だけ素行が荒れませんか?

夢、やりたいことが見つからない。自分はどうしたいのかわからなくなっていませんか?

「本当は恋愛したいけど、どうせ頑張ってもムリだろう」と考え、チャレンジしなくなっていませんか?

 

そうなってしまう原因は自分を抑圧するせいだと考えています。

それがクセになると、自己肯定感がウォータースライダーばりに急降下します。

だから自己犠牲をいとわない。それがWIN-LOSEの関係であっても、他人に尽くせば自己肯定感が上がるからです。

 

ぶっちゃけた話、しんどくないです?

生きづらさを感じませんか?うつ、無気力になっていませんか?

その正体は絶え間なくつづく自己否定なんですよ。

 

僕は20代の失敗と挫折が尾を引いて、自分を抑圧して押し殺す人間になっていました。

だから生きるのがしんどかったし、生きづらさを感じる苦しさから抜け出したいと思っていました。

 

だけど今では起業に向けてチャレンジしています。

そう変われたキッカケが自己否定をやめること。自分を抑圧するクセを直すことだったんです。

 

心のざわつきと向き合う

さて、抑圧するクセを直そうと言っても、そもそも何が抑圧なのか?わからない人もおられると思います。

抑圧に気付くためのヒントをシェアしましょう。それは「心のざわつき」です。

特に罪悪感、自分への憤りを感じている時のざわつきがポイント。

 

例えばせっかくの休みなのにゴロゴロして終わった。

「うーわ。今日は何もしなかった。こんな生活じゃダメだなぁ」

という風に感じた事があるかもしれません。

ゆうき
ゆうき

なぜダメなんでしょうか?

心身ともに疲れ切っていて、本当にゆっくりしたかったのかもしれないですよね。

 

↑スナドリネコ。すなどる(漁をする)習性が名前の由来。ネコだって休みたいときは休みます。

 

休みの日は何かやって充実した1日を過ごさなければならない。

もしこう思っているのなら、おそらくそれが抑圧です。

型から外れている罪悪感。これが心のざわつきになっていると思われます。

 

それに気付いたら自分にOKを出してください。

「何もしない休みの日があってもいいじゃない。人間だもの(言いたいだけ)

抑圧するクセがある人は、何に対しても自分に厳しい人が多いです。

なので多少OKを出しても怠けた人間にはならないでしょう。自分の快適を増やすためにOKを出していいんです。

 

自分にも他人にもOKを出そうぜ

もし人に迷惑をかけそうな事はOKを出せないと思うなら、こう考えてみましょう。

「人に迷惑をかけずに完璧に生きるのはムリ。自分だって迷惑をかける時があるんだから、その分誰かのお役に立って返そう」

迷惑をかけちゃいけないより、

誰だって迷惑をかけるからお互い助け合おうぜ!のほうが肩の力が抜けませんか?

 

抑圧を減らすと余裕が出てきます。寛大になれます。

笑顔が増えてきますし、自信も高まっていきます。人を惹き付ける魅力に変わります。

それが輝いて見える人の共通点だと思うのですが、どう思われますか?

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: