お墓参りに行って、生まれてきたことに改めて感謝

エッセイ

1日からお仕事されている神職の人や接客サービス業の皆さん、年明け早々からありがとうございます。

そして今日からお仕事の人、今年1年も楽しみながら人のお役に立っていきましょう。

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます^^

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

命は与えていただいたもの

今日は父のお墓参りに行ってきました。

1日の地震、飛行機の衝突事故など年明けから暗いニュースが多いですが(汗)

改めて今を生きていること、生まれてきたことに感謝の気持ちを感じました。

 

去年はようやくコロナが落ち着き、コロナ以前の生活が戻ってきましたよね。

「やっと平和な日常が戻ってきたな」って安心感がありました。

それでちょっと気が緩んでいたと言いますか、平和ボケしてたなって思うんですよ^^;

 

だから不意打ちされたかのように地震が起きて、僕はハッとさせられました。

 

そして僕が生きているのは親がいてくれたから。

両親がいたから僕は生まれてこれたし、ここまで育ててもらえました。

父はもう亡くなっていますが、お墓参りに行って改めて感謝を伝えてきました。

「お父さん、僕を生んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう」と。

 

お墓参りの供花は菊

お墓に花を供えてお参りをすることは

 

お墓に供えるお花は「菊」が最もポピュラー。

葬儀や法事などでも、死者への手向けの花の筆頭は菊です。

ニオイが強い花、トゲのある花、毒のある花などは控えたほうがいいとされています。

 

菊がどれかわからない人は店員さんに聞いてみましょう。

ゆうき
ゆうき

年始にお花屋さんに行くと、店頭に並べられている事も多いので見つけやすいと思います。

 

そういえばお墓参りをしていつも感じることがあって。

祭壇にお花を供えて合掌していると、目を瞑っているのに視界が明るくなる感覚があるんですよ。

そして自分のカラダがあたたかい空気に包まれる。

 

生前はあまり親孝行できなかったけど、感謝の気持ちでこれからも生きていきます。

天国から見守ってくれると嬉しいです。

 

与えられていることに感謝する

今を生きていられるのは当たり前じゃない。

何を今さらって話かもですが、何事も当たり前って思っちゃうと感謝を忘れるんですよね。

今回の地震はもちろん悲しい出来事だけど、

「今ある命は当たり前じゃないよ?」ってことを示唆する神様のメッセージなのかもしれません。

 

今年は辰年。

起きた出来事の真意が何か?それは見えないところを意識しないと、気付けないんじゃないかな。

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: