リーバイス511 SLIM WARMは寒がりな人にオススメ

エッセイ

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます^^

 

細身のシルエットが特長的なリーバイス511には、機能的なタイプも展開されています。

  • 汗ばむ季節も快適に穿けるCOOL JEANS
  • 軽量保温素材で暖かさを実感できるWARM JEANS

PERFORMANCE(パフォーマンス)と呼ばれるモデルですね。

 

僕は普段は綿100%のリーバイスしか穿かないんですけど、一度試してみようと思い、511 SLIM WARMを買ってみました。

今回はその良さとイマイチな点をレビューさせていただきます。

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

511 SLIM WARMレビュー

オモテもウラも真っ黒の511です。

通常のデニムだとオモテが黒でウラが白ですが、こちらは両面とも黒。

トップスにグレーやサックスブルーなど、穏やかな色みでニュアンスを演出したい時に使えそうです。

 

①WARMの良さ

生地はオモテが綿・ポリウレタン混。

ウラがポリエステル100%です。

 

裾上げの際に縫製をほどいて見たところ、ダブルフェイスのようですね。

いわゆる二重織りの生地。特にダッフルコートに多い生地で、高い保温性を持っています。

ヒートテックタイツなどを穿かなくても防寒できるので、タイツが合わない敏感肌の人にいいかもです。

 

オモテはチノっぽいツイル。

ポリウレタン混でストレッチ性を持っていますが、ウラがそうでもないので気持ち程度。

若干膝抜けしにくくなるくらいのイメージですね。

ちなみに黒はアイロンを当てるとテカりやすいので、アイロンはウラ向けてから当てましょう。

 

ウラはヨコ向きにうねが走った起毛生地。

肌触りが良いので穿き心地は悪くなかったです。

ゆうき
ゆうき

最高気温10℃の日に穿いて、20分くらい歩くと汗をちょっとかきました^^;
暑がりには不向き。寒がりな人にオススメしたいです。

 

②イマイチな点

例えば裾口のパッカリングとアタリ。

 

こちらは裾上げ前。

アタリらしい色落ちは見られますが、ただ単に擦れて白っぽく見えるだけかもしれません。

 

別角度から見るとこんな感じ。

パフォーマンスに限らず、ポリウレタン混のデニムはパッカリングができにくい(汗)

ゆうき
ゆうき

以前、綿ポリウレタンの511を2年近く穿いた事あるんですけど、パッカリングができなかった経験あります。

 

デニムらしいエイジングを楽しめない点はイマイチだと思います。

デニムの見た目があまり変わってほしくない人もいるでしょう。そういう人にとっては、パフォーマンスは選択肢の1つになるんじゃないかな?

 

WARMは寒がりな人にオススメ

511 SLIM WARMは高い保温性が魅力の1つ。寒がりな人にオススメです。

綿100%のデニムのようなエイジングを期待できないところはイマイチかも?

通常のデニムとの良さの違いを理解して、目的に応じて使い分けるといいでしょう。

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: