阪神淡路大震災から29年。今日も生きていることに感謝

エッセイ

↑神戸港震災メモリアルパーク。

阪神淡路大震災によって被災したメリケン波止場の一部をそのままの状態で保存し、見学できるように整備した公園です。

神戸港の被災の状況、復旧の過程などを記録した写真パネルなどが展示されています。

 

平和と混沌のギャップが肌で感じられる特別な場所。

メリケンパークに立ち寄った際は、ぜひ訪れてほしいスポットです。

 

今の平和は当たり前ではない事。

たくさんの人のチカラで築き上げられている事を忘れずにいたいですね^^

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

今日も生きていることに感謝

阪神淡路大震災が発生してから29年となりました。

1995年1月17日の午前5時46分に発生した地震は最大震度7。

鉄筋コンクリートのビルや道路の高架までもが倒壊するほど、悲惨な爪痕を残しました。

 

被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

そして復興に尽力してくださったすべての人に感謝申し上げます。

 

京都は震度5くらいの揺れでした。

当時小学生だった僕は揺れている間も爆睡しており、朝のニュースで地震を知ります。

外に出て、家の外壁に亀裂が入っていた衝撃は今でも鮮明に思い出せます。

ゆうき
ゆうき

こうして今日も生きていられることに改めて感謝です。

 

震災を知って謙虚になる

たくさんの人が尽力してくださったおかげで神戸は美しい街並みを取り戻しています。

僕は神戸港震災メモリアルパークに行ったことで、これは当たり前の景色じゃないんだって再確認できました。

 

何事も当たり前ではなくて。

お洋服もサービスもエンタメも、誰かが作ってくれているから存在しているんですよね。

その事を忘れて、一方的に自分の不平不満をネチネチ言うのは違うかなって思います。

 

例えば好きなYou Tuberさんがいてチャンネル登録してると。

その人の動画を楽しみに観ているのに、ある時「今回の動画はつまらなかった」とかコメントしちゃう人。

べつにそう思う事はいいんですけど^^;

どの立場でコメントをしているのか?そもそも観させてもらってる側でしょ?と。

 

それなのに動画が観られる事、動画がアップされる事が当たり前になっていて、配信者さんに対する感謝が抜け落ちていませんか?と。

コメントは期待の裏返しかもですが、せやかて相手目線の伝え方をしないと受け取ってもらえないよね?ってことを思い出せる人になってほしいです。

 

去年コロナがようやく落ち着いて、以前のような日常が戻ってきましたよね。

僕はそれで安心しちゃって平和ボケしてたなぁって思うんです。

そんな時に1月1日の地震発生。

これを受けて「そうや!今の平和は当たり前じゃないんだ」って目が覚めたんですよ。

 

もし仮に今日の5時46分に地震が起きて、今のライフスタイルが総崩れしていたら?

今日あったイイコト、楽しかったコト、美味しかったゴハンとか・・・

ゼンブ体験できずに悲しみに明け暮れていたかもしれないですよね。

 

今の平和は当たり前ではない

豊かさに溢れている日常は誰かが作ってくれたもので、当たり前ではない。

今日もこうして生きていられることがありがたいですね。

今回の記事で何かを感じ取ってもらえていたら嬉しいです。

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: