人は自分がやっている事に「意味がある」と感じたいのかも。

エッセイ

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます^^

 

今は何でも検索すれば答えらしい答えをすぐに見つけられる時代です。

「それなのに人生に迷ってしまうのはどうしてなんだろう?」

そんな疑問を感じた事はありませんか?

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

これからは意味が重要になるかも

僕が小中校生の時は今ほどネットが普及していなかったので、

ググるとか知恵袋で相談する事はできませんでした。

だから例えばドラクエでどうしても倒せないボスがいた時は、

お父さんに聞いたり、学校で友達に聞いたりして攻略法を探していたんですね。

 

「へぇー!みずのはごろもが灼熱のダメージを減らせるんだ」

「ゲントのつえを使うとHP回復できるんや」

みたいな感じで。

 

今思うと、これも冒険の1つだと思うんですね。

ドラクエのゲーム内で王様に話を聞いたり、洞窟で言葉を話せるホイミスライムを仲間にするみたいに、

 

そうやって1歩1歩ゴールに向かって進んでいく。

「あのボス、マジで強くて最初負けイベかと思ったわ(笑)」

といった話で盛り上がるのも冒険。

1人黙々とクリアした人にも、その人なりの冒険があったと思います。

 

その冒険を経て考える力が身に付いたり、友達との絆が深まっていく。

若干後付けですけど、これらが冒険する意味だったんじゃないかな?

 

「何の為にやるの?」が大事

僕は30代前半にメンタルを病んでしまい、無気力になっていた時期があります。

さすがに死んでしまおうとまでは考えた事ないですけど(汗)

かといってもう一度やり直すぞ!という強い意志も持てずにいました。

 

それで「自分は何の為に生きているのだろう?」

答えのない自問自答を繰り返し、毎日鬱々と悩んでいたんですね^^;

 

人はどうしても答えを欲しがります。

世の中には1+1=2のように明確な答えがある問いもありますが、

「何の為にやるの?」は抽象的。答えは無限大です。

 

・・・そこでこれから重要になるのは意味なんじゃないかって。

ドラクエの冒険みたいに、それをやる人が意味があると感じられる事。

それがその人にとっての「何の為に」になっていくと思うからです。

 

何の為に生きているか?

僕が今この問いに答えるとしたら、

今よりもっとおもろい人生を過ごす為。

 

答えじゃなくて意味を考える

「は?」って思ったかもですが(苦笑)

僕にとっては意味があるので、今は自信満々にこう答えます。

あえて今と強調しているのは、自分の成長に合わせて内容も変わるからです。

 

検索で求められる答えは、正解じゃないといけないんですよ。

だけど、何の為に?で求められる答えは

 

僕はこれに気付いた時、自分は何の為に生きているんだろう?

という答えのない自問自答に納得できるようになりました。

答えらしい答えじゃなくて、自分なりの意味・理由を考えるようになったからです。

 

そうすると迷いも小さくなっていきますよ?

今よりもっとおもろい人生を過ごすなら、チャレンジするほうがおもろい!

みたいに意思決定も早くなるからです。

べつに失敗しても「おもろかったらOK」と思えるので。

 

なんかムチャクチャに聞こえるかもですが^^;

人生には具体的な1つの答えでは縛れない、いろーーーんな冒険があるんです。

学校教育みたいに答えを探す冒険ではなく、意味や理由を探す冒険。

 

もし自分はこの先どうしたいのか?悶々と悩んでいる人は安心してください。

それはごく正常な反応です。せやかて悩み続けるのはしんどいと思います。

なのでそこから抜け出したいのなら、答えらしい答えではなく、自分なりの「意味や理由」を考えてみましょう。

 

今は小さな意味でもいい

人生に迷ってしまうのは、自分なりの意味や理由を見い出せていないから。

絶対的な1つの答えに縛られる人生より、

自分が納得できる意味や理由に生きる人生のほうが自由ではないでしょうか?

今回は以上です。

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: