色彩活用パーソナルカラー検定2級に合格しました

エッセイ

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます^^

 

本日CBT受検にて色彩活用パーソナルカラー検定2級に合格しました。

これでパーソナルカラー活用アドバイザーの称号を得ることができます。

ゆうき
ゆうき

応援ありがとうございました^^

 

ブログを書いてる人
ゆうき@スタイルアドバイザー

男性の外見の悩みを解消して自信と魅力に変える、メンズスタイルアップのアドバイザーです。もって生まれた骨格・肌色などから似合うスタイルを分析したり、英国ブランドでのフィッター経験を活かしたお洋服作りをお手伝いできます。仕事の受注が増えなくて困っていた起業家さんが年商3,000万円を達成して黒字転換。35歳女友達ゼロの男性に6年ぶりの彼女ができたなどの成果があります。

色彩活用パーソナルカラー検定

一般社団法人日本カラーコーディネーター教会(J-color)が開催している検定です。

 

パーソナルカラーは、色の分類方法や判断基準が異なるいくつかの流派があります。

これは抽象と具体の関係のようなもの。

J-colorの検定は抽象に当たる範囲だと思い、パーソナルカラー体得の入り口に選んだワケです。

 

2級の内容は、似合う色による「自分ブランディング」をアドバイスし提案できる。

ファッション・美容・ブライダル・デザインなどの人と関わる仕事の様々な場面で活躍できる、というイメージです。

 

↑ブライダルのイメージ。友人の結婚式です。

ブライダルの範囲では新婦のドレスやブーケなどの配色・デザインを助言したり、新郎新婦の似合う色の傾向がバラバラでも調和させるにはどうするか?といった実践的な内容が学べておもしろかったです。

お色直しで新郎新婦の個性を引き立てるコーデを考える時、新婦との調和を考えた男性のディナージャケット(タキシード)・スーツのご提案ができるようになりました。

 

僕がアドバイザーとしてできる事

パーソナルカラーを学び、実践する過程でできるようになった事を整理しておきます。

 

お客様の色素(肌、髪、眼など)を見て、似合う色の傾向を導き出すことができます。

例えば同じネイビーだとしても緑がかった鉄紺が似合う人もいれば、暗いミッドナイトブルーが似合う人もいます。

その違いは色素によって変わってくるワケで、それを客観的に見分けて似合う色の傾向を助言できます。

 

色素から導き出した似合う色の傾向から、パーソナルカラーの4グループのどれが似合うかご提案できます。

4グループというのはスプリング、サマー、オータム、ウィンター。

これらはある共通の属性に基づいて理論的にグルーピングされており、似合う色選びの参考にしやすいです。

 

そしてグループによって調和しやすい配色方法が異なってきます。

それを女性とのデート服のスタイリングに活かしたり、スーツやジャケットを仕立てる際のコーデ提案で助言できます。

  • 自分でお洋服を選ぶと似た色ばかりになる
  • いつも同じ配色ばかりだから変化が欲しい

といったお悩みがある人のマンネリ打破の手助けができます。そもそも似合っているのか?といった客観視も可能です。

 

手持ちのお洋服をガーっと整理したい。似合わないお洋服は人にあげたり売ったりして減らしたい。

そして自分に似合うお洋服を揃えたクローゼットに一新したい!というご要望のサポートができます。

似合う色・似合わない色の視点で仕分けすることで、自分を魅力的に見せるスタイル作りがしやすくなるでしょう。

 

ゆうき
ゆうき

何かお役に立てそうな事はありましたか?

 

合格は素直に嬉しい

スキルアップを目指してパーソナルカラーの勉強を始めて良かったです。

試験の結果がどうであれ、成長している限り前に進んでいると思っていましたが、

せやかて合格という結果は素直に嬉しかったです。

この喜びを分かち合える事に感謝していますし、学びと実践を活かして人のお役に立つ事が楽しみです。

 

さいごまでお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

悩みは解消されましたか?

error: